松戸の設計事務所・株式会社コブラボ建築設計

のお客様の声

依頼の本質を松戸を拠点とする設計事務所として提案

デザインを設計事務所が手掛けると言うことは、一般的には外観の形を変えて行くことの意味合いがあると考えられます。しかし、それだけではありません。松戸で経営し、デザインをするということの本質的な部分について常日頃から考えています。

松戸でデザインを手掛ける中で、お客様が設計事務所を利用して計画が完了したときに利用者の人々が「快適である」「実用的である」と感じて、初めてデザインを通して人を幸せに豊かにすることができると考えています。

お客様と計画をするフレキシブルで妥協のないコンセプト設定

単にデザインをすると言っても、形を変えるだけでなく様々な意味合いがあります。その中には設計をする際に使われる素材の選定から形状の変更なども含まれます。設計事務所がある松戸にて、お客様と綿密なヒアリングを繰り返したあとに計画を練る作業に入りますが、この時点で建物に使う素材や内装や外装の形状は決定しているわけではありません。

お客様から要望を聞く中で改めてデザインをする素材や、建築物が建つ敷地の中での制約によって変化する形状もあります。デザインは机上で練り上げた図面通りに進むのではなく、物件に赴いて感じ、周辺環境を肌で感じて新たにアイデアが生まれるように刻一刻と柔軟に変化する余地があるのです。たくさん生まれる選択肢の中で、最終的にはお客様が「依頼して良かった」と心から思い幸せになるようなことがデザインをすることの本質であり、目的であると考えています。

多角的な判断力で計画時の制約と理想を共生させるデザイン力

設計をする際の判断基準は一つではなく、たくさん存在し臨機応変に選択しています。お客様に「日本のテイストをふんだんに取り入れて欲しい」と言われたときに、その要望ばかりが先走って襖を取り付けたり、和室だらけにしたりといった対応は良いデザインとは言えません。松戸を拠点に置く設計事務所として、「ただお洒落だから」「要望通りだから」のような曖昧な判断基準でデザインを手掛けません。

和室が欲しいと言われたときに、「どうして和室が欲しいのか」「どのような利用目的があるのか」といった具体的なヒアリングを行っています。その上で、「畳が好きだから」と言われる場合と「和のテイストが好きだから」と言われる場合では完成する建物も全く違う物になります。そのために、単一の価値判断だけでなく、理想や要望を多角的に捉え本質的に見抜くことを大切にして日々営業しています。

なぜ設計事務所に依頼するのかハウスメーカーと比較して解説

建築家の事務所というとハウスメーカーとも異なり営業マンを通さず、事務所のスタッフや場合によっては経営者と直接やりとりすることもあるイメージがあるかと思います。今まで、建築やデザインに携わらなかった人からすると未知である可能性があります。当社も松戸に拠点を置きながら、お客様と打ち合わせをするときは経営者自らが参加することもあります。

設計事務所の大きなポイントとしては、デザインに重きを置いているという点があります。ここにおける「デザイン」とは、お洒落な見た目を作り上げていくというだけではなく、使用者が実際に使って感じる快適性や実用性を含む空間全体のデザインを意味します。実際にお客様と何度もヒアリングや打ち合わせを行うことで、デザインをより具体的にカタチにすることができます。計画の過程において、お客様も参加して共に作り上げて行くというイメージで常日頃から設計に携わっています。