Project

拠点の松戸で設計事務所を営み想いを具体的な建物へ昇華

建築設計内容

デザインは単なる形ではなく身の回りの環境、空間、地域を整えるもの

住宅建築設計

住宅建築設計

一遍通りのデザインではなくオーナー様の意向や希望に+αでデザインのご提案をし、理想の住まい造りのお手伝いをさせていただきます。
店舗建築設計

店舗建築設計

それぞれの店舗の方針や世界観をオーナー様とのお話で引き出し、唯一無二の空間を造り上げます。
オフィス建築設計

オフィス建築設計

各会社様の世界観はもちろん機能性、デザイン性も追及いたします。

お客様から設計事務所で伺ったご要望を細部まで松戸で叶えます

当社は松戸に拠点を置く設計事務所で、関東近郊に至るまで店舗や新築住居の設計依頼を承っています。お客様が設計を依頼する時は、大きな決断をもって様々な想いを胸にご連絡をさることが多いです。そのような気持ちのお客様に対して、「良い建物になった」と心から思って貰えるようにデザインを通して応えるのが大切なことであると考えています。

お客様の持つ「こだわり」や「夢」を叶えるために、松戸で営む設計事務所では親身なヒアリングを心掛けています。是非一緒に、理想の物件を建てましょう。

理想を松戸で伺い設計事務所として現実へと変えていく

住宅や飲食店の店舗、アートギャラリーに至るまで松戸に拠点を置く当社では設計のお仕事を承っています。ご依頼していただく内容に共通することは、「空間」をデザインするということです。ヨーロッパにおける「空間」は幾何学的な考え方に由来する、人工的な感性をベースにするものでした。それに対し、日本における「空間」は古来より四季の変化や国土の豊かさから自然の感性をベースにする考え方でした。

日本は古来より「土の間」「茶の間」のように、空間を「間」で区切って水平的な感覚を養ってきました。その感覚は建築材に木材を多く使ってきたことにも由来します。設計事務所である当社は、古民家部材のような日本人の感覚に寄り添うような材料をお客様とヒアリングを繰り返し、「こだわり」を一緒に追求していきます。

オンラインでも松戸の設計事務所から要望をお伺いします

それぞれの土地には、固有の地域性があります。地域性が構成されて行く過程には、文化や宗教、地形や気候に至るまで様々な要因が折り重なってお互いに影響し合って作り上げられます。我々は松戸に拠点を置く設計事務所で、関東近郊の方の依頼まで承っています。今まで、様々な地域での設計を担当してきましたが、何一つとして同じ条件での同じ建築ということはありません。一つの敷地には一つの建物しか立たず、敷地の周辺環境も常日頃から変化していきます。

デザインの計画をする上で、土地の周辺環境から受ける制約はときに計画を厳しいものにすることがあります。だからといって、お客様の「こだわり」や「夢」を蔑ろにするのではなく制約であったとしても積極的に取り入れ、受け入れていくことでデザインの道標が見えていくと考えています。

拠点の松戸からスタッフが設計事務所を通してヒアリング

「想いをカタチに」をモットーに松戸で設計事務所を開業しています。主に関東近郊で店舗の設計や、公共の建築物、新築住宅のデザイン依頼を承っています。社名の「COB-labo」は造語となっており、共同の意味のCOllaborationと経営者の名前でるKOBayashiと実験室や研究室の意味のlaboratoryを掛け合わせた造語からできていて、お客様と共に「良いものをみつけていきましょう」という意味を込めています。

実際に物件を計画する敷地には様々な物理的な制約があります。その制約の中でお客様の多様なご要望にお応えするために、丁寧なヒアリングが必要だと考えています。対話を通して、理想が現実のものになり「良い建物になったね」と言って貰えるように、心をこめてデザインをしていきます。

拠点の松戸から設計事務所として承った今までの依頼を掲載

店舗の設計や、住居の設計においても常に重視しなければいけないのは「何の目的で建てるのか」ということです。もちろん、お洒落な見た目の建築や奇抜で独創的な建物が好きな方もいらっしゃると思います。しかし、ただ感性だけで何の意味も無く設計をすると言うことはなく、一見奇抜そうに見えても何かしらの意図があってその形を作り出しているのです。

デザインとは芸術のような感性で人々を刺激するものではなく、そのデザインを通して人が幸せになり、また便利で豊かになるものであるべきだと考えています。設計事務所を松戸で開業している当社では、お客様の要望にデザインをすることによって応えています。お客様が持つ「夢」や「理想」を伝えていただいて、何度も対話を繰り返しながらご納得いただける建物を一緒に作りましょう。

物件をお考えのお客様に松戸の設計事務所からブログを発信

新築住居や公共の建築物、店舗の計画を進める中で最終的に目指すのは、お客様に「良い建物になった」と喜んでいただき、なおかつ地域の人々にも「良い街になった」と感じてもらえることです。その手段として本質を捉えるデザインがあると考えています。計画の中で生まれる様々な難題にたいして、違う視点、少し見方を変えるだけでまったくことなる解答や解決策が生まれるというところも、デザインの興味深い点であると考えています。

厳しい制約や難題に対して向き合い続けることこそが理想を現実に変える道標であり、原動力になっていると信じています。拠点としている松戸の設計事務所から、経営者が様々な難題を解決していく中でデザインに対して「どう考えて」「どう感じている」のかをブログにて発信していきます。