Staff

デザインで地域貢献する設計事務所を松戸で経営

代表挨拶

CEO 小林 則雄

当社はお客様の想いを『カタチ』にする為、様々なフィルターを通し、ワンランク上のデザインをご提案しております。
事前での打合せにてお客様の「こだわり」や「夢」を共有し、当社独自の視点などを加えることで「個性的」かつ「独自性」のあるデザインを共に創り出し、多くのお客様に今日までご満足いただいてきました。
さらにお客様の物件がその街(地域)においても、良い「場」になるようにデザインを行うことで、 街づくり(地域活性化)に貢献しております。お客様の『こだわり』や『夢』を叶えることができる多用なご提案/街づくりに貢献できるデザイン、共にご提供ができるのは当社の強みだと自負しております。今後も当社のデザインを通し、お客様にご満足いただき、地域の街づくりにも貢献できるよう日々邁進して参ります。
greeting_img

拠点の松戸にて空間デザインをする設計事務所を経営しています

松戸に設計事務所を置き建築をする際に、新築の住居であれ公共の施設であれ一番に考えるべき事は、共有して「使い手の気持ち」です。結果的に、お洒落で素晴らしい建築に見えても使い手の人々が不便を感じ満足しないならば、良い建築物とは考えません。

依頼をされるお客様が、「良い建物になったね」と言ってくださり、その地域にとっても「街が良くなった」と感じられるデザインをすることが松戸で営業する設計事務所としての目標です。

新築住居や、店舗を作るときのデザインは上手くアイデアを出していかなければ、設計の計画が思うように行き詰まってしまいます。しかし、アイデアは常に自由な発想から生まれるわけではありません。時には、とても狭いと感じるような限られた敷地や建築の幅が狭まるような利用目的の建物の方が、アイデアが湧いてくることがあると設計事務所として信じています。

松戸に拠点を置く我々の設計事務所の名前である「COB-lab」は共同の意味のCOllaborationと経営者の名前でるKOBayashiと実験室や研究室の意味のlaboratoryを掛け合わせた造語からできています。「共に創っていきましょう」という意味に現れるように、計画の過程でたくさんの理想や要望を伝えてください。そのような理想や要望、制約こそが、松戸でデザインをする上での道標になると考えています。